さくらんぼ ひよこ うさぎ ぱんだ ぞう らいおん さくら・すみれ バックナンバー

園児募集





今月のクラスだより3月

さくらんぼぐみ

 2月は豆まきがあり、さくらんぼ組はお部屋の中で遠くから鬼を見たり、高月齢児は保育士と豆まきに参加しました。怖がる子、喜ぶ子など様々でしたが、節分の雰囲気を味わう事ができました。
 早いもので、さくらんぼ組の生活も残り1ヶ月となりました。低月齢児は、歩行も安定してきて増々動きが活発になり、生活面でもスプーンで食べるようになったりと、子ども達も嬉しそうです。高月齢児は、言葉が段々増えて友達の名前や「ちょ〜だい」「ど〜ぞ」など言えるようになって賑やかなさくらんぼ組です。そんな姿を見ると成長したなぁと実感し、とても嬉しく思います。
 3月は、天気の良い日はお外で遊んだり、進級に向けてひよこ組の環境に慣れるため、ひよこ組のお部屋へ遊びに行こうと思っています。 ※お休み、遅刻の連絡は9時半までにお願いします。


ひよこぐみ

 豆まきでは、鬼を見て固まってしまったり泣いてしまう子もいましたが、怖がりながらも豆を投げ、みんなで鬼を退治しました。
 豆まき終了後は「鬼きたな」「怖かったな」と話しながらおいしく豆もいただき、笑顔が見られたひよこ組さんでした。
 寒さに負けず、毎日元気いっぱいの子ども達は、冬らしく雪に触れて遊んだり、初めてみんなで公園にも行きました。
 公園では、普段とは違う遊具に興奮し、何度も繰り返しすべり台をすべってみたり、広々とした公園内をお友達と「キャー」と嬉しそうに走り回る姿も見られました。
 ひよこ組での生活も残り1ヶ月となりました。進級への期待をふくらませながら、みんなで毎日を楽しく過ごしていきたいと思っています。


うさぎぐみ

 うさぎ組にも、豆まきの日に鬼がやってきました。「怖い…」と大泣きする子どもや、泣かないけれども固まっている子ども、全然へっちゃらで豆を投げる子どもとさまざまでした。終わった後も「鬼来たなー。怖かったなー。」と友達と話していましたよ。
 寒い冬ならではの氷や雪に触れ遊びました。氷は、「冷たい!!」と言いながらも触ったり、足で踏んで割れる感触を楽しんでました。又、雪の日に雪だるまを作りました。冷たいのも気にせず触り続けたり、まだまだ降り続ける雪を眺めていたりと良い経験が出来ました。
 2月24日から、幼児クラスと一緒に生活しています。「パンダ組のお兄ちゃん・お姉ちゃんになれる!!」と進級をとても楽しみにしている子ども達です。
※お忙しい中、クラス懇談にご参加いただき、ありがとうございました。


ぱんだぐみ

 2月は、らいおん組さんへの卒園プレゼント作りや、お別れ会の取り組みをしました。「らいおん組さんには秘密やで。だってプレゼントやのに先に言ったら楽しくないやろ?らいおん組さんを驚かそう。」と言うと「うんうん、そうやな。らいおんさんには言わんとこ」と、皆で秘密にする約束をしました。「秘密」というのが楽しくて、にこにこしていた子ども達。誰かが言いそうになると「言ったらあかんやん」と声をかけたり、「○○は家でも言ってへんで」と教えてくれています。
 らいおん組さんとお別れするのは淋しいけれど、お別れパーティの時に喜んでもらおうと秘密を守って頑張っています。お家でこっそり何をするのか聞いてみて下さい。


ぞうぐみ

 今月は、卒園するらいおん組さんへのプレゼント製作をしました。らいおん組には当日まで秘密にする約束なのですが、もう言いたくて仕方のない子どもたち…。「これ作ってるのってまだ言ったらあかんの?」とお友だちの誰かが言うと、「あっ!!それ言ったらあかんねんで!!」と必死に止めている姿がとてもかわいいです。「○○くんにあげるねん」と嬉しそうに作っている姿を見ると、本当にらいおん組のお友だちのことが好きな気持ちが伝わり微笑ましいです。
 卒園式にぱんだ組と一緒に言う「おわかれのことば」も少しずつ練習していて、もうすぐらいおん組がいなくなることも、つぎ年長になることも感じているようで、「らいおんさんみたいな優しいお兄ちゃん・お姉ちゃんになるねん」と自信満々です。
 ぞう組での生活もあと少しですが、みんなで楽しく過ごしていきたいと思います。


らいおんぐみ

 ひかり学園での生活も残すところ1ヶ月弱となり、毎日のように卒園の話をしているらいおん組の子どもたち★年令別活動でも、卒園製作やプレゼント作り、歌の練習と…卒園に向けてコツコツと取り組んでいます。
 最近の子どもたちのブームは、小さかった頃や入園してきた頃の話をする事で、「○○ちゃんは、赤ちゃんの時どんなんやった?」「ママ〜って泣いてた?」と保育士に質問をしてはその答えを楽しんでいて、保育士も一緒に思い出話で盛り上がっています。またお家でも小さかった頃のお話を聞かせてあげて下さいね♡
 ひまわりルームでの生活も始まり、より一層みんなで気持ちを一つにして、卒園までの日々を楽しく過ごしていきたいと思います!


さくら+すみれぐみ

 1月の後半あたりから、「もうすぐ保育園に鬼さん来るねんな?」と少し不安な表情で聞いてきていた子どもたち。豆まきの当日になると、何をするにも保育士のそばを離れない子や、ずっとソワソワしている子もいる中、ドアをコンコンとたたく音と同時に赤鬼さんと青鬼さんが!!端にかくれ、恐くて泣いてしまう子もいましたが、らいおん組はそんな子たちを抱きしめ、守ってあげている子もいました。最後にはひかり学園のみんなで、「鬼は〜外、福は〜内」とたくさん豆を投げ、自分の中の悪い鬼を退治することができました。
 らいおん組さんと一緒に過ごすのも、あと少しとなり、「もうすぐらいおんさんおらんくなるの?」とさみしそうな顔で聞いてくる子も多くなりました。1日1日を大切にし、たくさん思い出を作っていきたいと思います。
※お忙しい中、クラス懇談に来ていただきありがとうございました。