さくらんぼ ひよこ うさぎ ぱんだ ぞう らいおん さくら・すみれ バックナンバー

園児募集





今月のクラスだより5月

さくらんぼぐみ

 初めての環境に最初は泣いていましたが、ニコニコ笑顔もたくさん見せてくれるようになりました。
 仰向けや腹ばい、寝返りをしながらおもちゃにうーんと手を伸ばしたり、ハイハイや掴まり立ち、伝い歩きをして興味のある所に行ったりして遊んでいますよ。
 お座りができるお友だちはバギーでお散歩にも出かけ、暖かい日射しに気持ち良さそうにしています。
 離乳食やミルクの量も増えてきたり、ぐっすり眠れるようになってきたりと、少しずつ慣れてきた様子を見せてくれています。
 ひとりひとりが安心して生活できるようゆったりと丁寧に関わり、毎日楽しく過ごしていきたいと思います。
 1年間、どうぞ宜しくお願い致します。

ひよこぐみ

 新しいお友だちを6人迎え、17人のひよこぐみです。受け入れで泣いてしまったり、お昼寝が短かったりはありますが、少しずつ慣れてきていて、おもちゃに手をのばしあそぶ姿も多く見られるようになってきています。
 新しいお友だちが泣いていると「大丈夫かな」と心配そうに見たり、おもちゃを渡してあげたりと優しく関わる姿を見て、一年前はみんなも同じように泣いていたなぁと懐かしく思ったり、また大きくなったなぁと成長も感じています。
 言葉の語尾が言えるようになったり、身ぶり手ぶりで表現できるようになったりとやり取りが楽しくなっています。子どもたちのブームは「はるがきた」の歌やわらべうたの「おったこ」で、歌が始まると自然と体が動くほど大好きです。歌い終わると「もう1回」とリクエスト。このリクエストが延々続くことも。
 保育士との関わりも大切にしながら、さまざまなあそびを楽しみたいと思います。

うさぎぐみ

 新しいお友達を1人迎え、10人でスタートしたうさぎ組。4月は、新型コロナウィルスの影響もあって、お友達の少ない日が続きましたが、天気の良い日が多く、子ども達のなじみのある中央公園やお船の公園などへ、桜を見に行きました。花びらを集めたり、桜の木の下でラムネを食べて、お花見気分を味わえました。
 他にも、たくさんの草花やチョウチョ、てんとうむしといった春の自然に触れ合いながら、たっぷりと体を動かして遊びました☆
 また、いろいろな大きさ・色・形のシールを貼って、こいのぼりのウロコ作りをしました。「これする!」「もっとやる」等と言いながら楽しみながら作り、今は、早く空をおよぐのを心待ちにしている子ども達です。
※気温に合わせて調整できるよう着替えのカゴに薄手の長袖やTシャツも入れておいて下さいね。名前の確認もお願いします。

ぱんだぐみ

 進級して1カ月が経ちました。最初は「ぱんだぐみさん!」と言っても「ん!?」という表情のお友だちもいましたが、今では「ぱんだぐみさん!」と呼ぶと「なんですか?」と元気にお返事をしてくれています。
 新しいお友だち2名を迎え、分からない所は教えてあげたり等、優しい姿も見られます!
 午前中は異年齢のグループ、さくら・すみれに分かれて公園や散歩に行き、たっぷりと身体を動かしていますが、午後からは毎日ぱんだぐみで活動しています。
 4月は、おり紙でちゅうりっぷを折ったり、園庭に飾るこいのぼりのうろこ作りをしました。ハサミの1回切りやのりづけも、「やりた〜い!」と楽しんで上手にでき、「かざっとく〜!」ととってもうれしそうな笑顔がかわいかったです。
 いろいろな遊びを楽しみ、安心して過ごしていけるよう、丁寧に関わっていきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。

ぞうぐみ

 ぞう組になり早くも1ヶ月が経ちました。
 最初は「ぞう組さん」と言う言葉に慣れず、ついつい「ぱんだ組さん」という呼びかけに返答してしまうこともありましたが、ようやく「ぞう組」という言葉が馴染んできた様子です。
 4月は、チューリップを折り紙で折ったり、こいのぼりのうろこ作りをしました。うろこ作りのにじみ絵では「みどりになったー!」「きれいやなー」とまざり合う色の変化に驚いたり、思うままに描いたりと、とても楽しそうに取り組んでいましたよ!
※お箸での食事が始まりました。個々に合わせて進めていきますが、ご家庭のほうでもお箸の指導にご協力よろしくお願いします。

らいおんぐみ

 らいおん組に進級し、1ヶ月が経ちました。毎朝のシール帳やおやつ後の片付けなど、《らいおん組だからできる》ということが嬉しくて、みんな意欲的に取り組んでいます。
 4月は、こいのぼり制作で絞り染めと、絞り染めをしたうろこを針と糸を使ってぬう作業をしました。どちらも初めてだったので、ワクワクしながら取り組んだり、ぬうのはちょっと緊張したりしていましたが、こいのぼりにぬいつけた自分のうろこを見て「できた!!」と自信にあふれた顔つきの子どもたちでした。
 保育園生活も早いもので、あと1年!一泊保育やバケツ稲の栽培、包丁を使うクッキングなど、年長ならではの活動や体験を存分に取り入れ、友達との楽しい思い出をいっぱい作っていくと共に、集団生活でのルールや友達に対する思いやりの気持ちなども育てていけるように働きかけていきたいと思います。

さくら+すみれぐみ

 さくら・すみれグループに新しい友達を迎え、新生活が始まり早くも1ヶ月が過ぎました。
 ぱんだ組の友達は幼児クラスになり、さまざまな活動が増えたことや、ぞう組の友達はらいおん組に一つ近づいたこと、らいおん組の友達は5歳児にしかできない取り組みなど、それぞれ大きくなった喜びや今後の活動に期待を持ち、楽しみでいっぱいの子ども達です。
 散歩でいろいろな公園に行ったり渡し船を見に行ったりして身体を動かしています。散歩の道中に桜の木やすずらん、すみれなど春の植物の観察も楽しんでいます。「ここにもすみれある!」「これは何の花かな?」などと子ども達も興味津々です。今後も散歩をする中で四季をみんなで感じていきたいと思います。
※持ち物には全てに名前の記入をして下さい。消えている物にも再度記入をお願いします。