今月のお薦め絵本 バックナンバー

園児募集





今月のおすすめ絵本5月

 5月になり新しい生活に慣れた人、慣れていない人、特に何も変わっていない人、様々だと思いますが、新しい人間関係が始まった人は多いと思います。相手の事が良く分からなかったり理解出来なかったりする事は日常茶飯事。ちょっとした人の言葉が胸に刺さる事もありますよね。そんな時、自分の中にもう一人の自分を登場させて想像してみるのです。「あの人があんな事を言った10個の理由」を。朝から凄く嫌な目に合ったのかもしれない。家庭でもめ事があるのかもしれない。大切な人が重い病気になったのかもしれない。等々・・・。
 それが本当かどうかは別にして、その人にはその人なりの理由があるのではないかと気付く事が出来ます。心が傷ついている時にそんな余裕はないかもしれませんが、意識に入れておくと役に立つこともありますよ。みんなが笑顔でいられる春でありますように。。。


どのはないちばんすきなはな?(あかちゃんから)
 いしげまりこ・文 わきさかかつじ絵 福音館書店

春、植物たちはお日さまの光をいっぱい浴びて、色とりどりの花が咲き始めます。ぱーっと開いたり、ぴゅーんと伸びたりグングン伸びたりポンポン並んだり。ダイナミックな絵と添えられた言葉から、植物たちの生命力が伝わってきます。ラストのページにはお花がいっぱい!あなたはどれが好き?

21X20cm
ぼくのくれよん(2、3歳から)
 長新太・作 講談社

「これはくれよんです」って、誰のクレヨン???だって、猫と同じ大きさのクレヨンなんですよ。ぼくって一体誰でしょう?ぼくが青いクレヨンで、ビュービュー描くとカエルは池と間違えて飛び込みます。赤いクレヨンでビュービュー描くと動物たちは火事だと思って逃げました。誰のクレヨンなのかな?

30 x 21.2 x 1 cm
やもじろうとはりきち(3、4歳から)
 降矢なな・作 佼成出版社

あかちゃんの時から大の仲良しだったやもじろうとはりきち。それなのに何時からかやもじろうははりきちと一緒だとつまらないと思い始めました。駆けっこがのろく、木登りも出来ず、ボール遊びも下手くそなはりきちと、遊ぶのが嫌になったのです。様々な感情が織り成す友達関係。傷つけ傷つけられながら優しさを育んでいく友達との絆が描かれています。

24.8 x 22.6 x 0.8 cm
たんぼレストラン(5歳から)
 はやしますみ・作 ひかりのくに

秋。たくさんの稲穂が実るまで、たんぼの中にはレストランが開店されている事を知っていますか?たんぼが耕され水がはられ田植えを終えたら、その中には様々な生き物たちが生息し、食物連鎖を繰り返しながら命のつながりを作っているのです。おたまじゃくし、タニシ、ミジンコ、ゲンゴロウ・・・。みんな一生懸命生きているのですね。たんぼを「レストラン」と例えている事に胸をうちます。

 29.8 x 21.2 x 1.4 cm
♪絵本を真ん中に、親子の絆を育みましょう♪
えほん館 はなだむつこ)