今月のお薦め絵本 バックナンバー

園児募集





今月のおすすめ絵本8月

<絵本は自由に読みましょう>
ご家庭で親子で絵本を読まれる時には「ノールール」。私が普段から講演でお伝えしている事です。途中で読むのをやめてもOK.とばし読みしてもOK。後ろから読んでもOK。上下を逆さまにして読んでもOK。そうお話しています。
でもそれらは、そうしましょうという事ではなく、子どもが望むならそうしてあげてくださいという事です。絵本に「正しい読み方」はありません。大切な事は「目の前の子どもに寄り添う」事です。それを忘れないでくださいね。


まんまんぱっ!(あかちゃんから)
 長野麻子・文 長野ヒデ子・絵 のら書店

あかちゃんの喃語の絵本です。あかちゃんとの会話は音楽のようです。そう、言葉は「音」なのです。音から始まっているのです。あかちゃんとの会話は意味を考えるよりも、「音ことば(擬音語)」であかちゃんの反応を見ながらこちらが楽しむことをおすすめします。

B5変型判/サイズ:18.7×21cm
わんぱくだんのにんじゃごっこ(3才から)
 ゆきのゆみこ・上野与志・文 末崎茂樹・絵
 ひさかたチャイルド

人気シリーズの「わんぱくだん」。今回は忍者ごっこの始まりです。団地のなかよしひろばで忍者に変装して遊んでいると、お城が見える昔のお侍の時代に行ってしまいました。ドキドキ、ワクワクする冒険の後、やがて元のひろばに戻ってきた3人。これって夢だったの?子どもたちに大人気なのが納得の1冊です。

22.8 x 20.2 x 1.2 cm
おまえうまそうだな(4才から)
 宮西達也・作 ポプラ社

ちょっと怖そうなタイトルとグロテスクな恐竜が描かれた表紙からは想像出来ない、とても心温まるお話です。アンキロサウルスのあかちゃんに父親と間違われてしまうティラノサウルス。疑うことなく頼られているうちに、お互いに想いを寄せ合って信頼が築かれていきます。ラストの場面で涙ぐむ大人の方も少なくありません。

26.5cm x 21.5cm 40ページ
ごきげんななめのてんとうむし(5才から)
 エリック・カール・作 もりひさし・訳 偕成社

自分が誰よりも強いと思い込んでいるごきげんななめのてんとうむし。蜂やクワガタのみならず、ゾウやクジラにまで喧嘩をふっかけていきます。強がって見せますが、本当はとても小心者。最後には…。一日の時間の経過と太陽の位置が分かりやすく構成されています。そして何よりも、エリック・カールの色の世界が最高です。

27cm×27cm・40ページ
♪絵本を真ん中に、親子の絆を育みましょう♪
えほん館 はなだむつこ)