今月のお薦め絵本 バックナンバー

園児募集





今月のおすすめ絵本6月

自分の恥をさらしますが、私は5年ほど前まで夜の歯磨きをしていませんでした。子どもの頃から歯磨きが大嫌いで、かろうじて朝シャカシャカと適当に磨いていただけでした。
そんな私が5年ほど前に『きらきら は・は・歯』という絵本に出会って、毎晩歯磨きをするようになってしまったのです。しかも15分も。何という変化!自分でもびっくりです!
こんなおばさんの人生を今さら変えるなんて…恐るべし絵本!です。やっぱり。


げんこつやまのたぬきさん(あかちゃんから)
 長野ヒデ子・作 のら書店

うたえほんシリーズ。♪げんこつやまのたぬきさん♪のわらべうたが楽しい絵本になりました。ページをめくりながら一緒にうたってください。2番は替え歌で「うさぎさん」。3番は「おつきさま」が登場します。おつきさまもおっぱいをのむんですって。乳児さんには、ちゃんと絵本を読むことよりも、お父さんお母さんの声をいっぱい聞かせてあげてくださいね。

17㎝×18㎝
もったいないばあさんのいただきます(3才から)
 真珠まりこ・作 講談社

「いただきます」をした女の子ですが、にんじん嫌い。ピーマン嫌い。他の野菜も全部嫌い。お魚嫌い。お肉も嫌い。わかめもきのこも大嫌い!パンも嫌い。ご飯も嫌い。好きなものは、いちごとリンゴとバナナとみかん。そこで、もったいないばあさんが語ります。「大事に育てられた食べ物には美味しく食べてもらえますようにという優しい気持ちがいっぱいつまっとるんじゃ」。残さずごちそうさまが言えるようになるといいですね。

30 x 21.6 x 1.2 cm
なーちゃんとおおかみ(4才から)
 多田ひろみ・文 柳生弦一郎・絵 福音館書店

どろんこになって帰ってきたなーちゃんは一人でお風呂に入りました。身体中泡だらけになった時、とんとんとん、誰かが窓ガラスをたたきました。「だあれ?」「おかあさんですよ」とへんてこな声が答えます。なーちゃんが窓を開けると、おおかみが飛び込んで来ました! クスっと笑えるなーちゃんとおおかみとのやり取りがとても楽し絵本です。

20X27cm 28ページ
しごとをとりかえただんなさん(5才から)
 ノルウェーの昔話 ウィリアム・ウィースナー・絵
 あきのしょういちろう・訳 童話館出版

昔、小さな家にお百姓とおかみさんが住んでいました。ある日の夕方旦那さんはひどくくたびれて畑から帰ってくるとおかみさんに言いました。「おまえはずいぶん楽な暮らしをしているのに、おれは一日中あくせく働いている」 それなら明日から仕事をとりかえようと、おかみさんは言いました…。大人同士で読んでも面白い一冊です。

24.8 x 20 x 5 cm
♪絵本を真ん中に、親子の絆を育みましょう♪
えほん館 はなだむつこ)