今月のお薦め絵本 バックナンバー

園児募集





今月のおすすめ絵本7月

先日『はばたけ、ルイ!』(リーブル刊)というあの有名なジャズ・ミュージシャン、ルイ・アームストロングの物語(児童書)を読みました。人種差別時代に生きた貧しい黒人少年のサクセスストーリー……ではなく、ひとりの少年が素直に自分の大好きなものを大切にして生きた結果どうなったかというものでした。彼の人生は決して特別なものではないと思います。自分の目の前のものを愛する気持ちがあるだけで人は幸せでいられるのだとあらためて感じました。

絵本を道具として親子で過ごす時間は、子ども達の心を満たしてくれる大切な時間です。
満たされた心は自分以外のものを愛する気持ちへと通じていくものですね。

おいしいよ(あかちゃんから)
 かんざわとしこ文 ましませつこ絵 こぐま社

「ぼくの好きなものはこれとこれ。きみの好きなものはなあに?」ウシさんはおいしい草、ネコさんはもちろんお魚、ニワトリさんはお米……みんなみんな美味しそうに食べています。食べるって大事なことだから、食べることが好きな子どもに育ってほしいですよね。食べるって楽しいんだよ〜♪

たなばたバス(3歳から)
 藤本ともひこ作 すずき出版

今夜はたなばたなのに天気予報は大雨です。彦星さまに会えなかったらかわいそうだと、織り姫様を助ける為にねずみのみんなはバスに乗って空の上へと出発しました……。困っている友達をみんなで力を合わせて助ける、そんな優しさがつまっている一冊です。

ぼくびょうきじゃないよ(4歳から)
 角野栄子文 垂石眞子絵 福音館書店

熱を出したケンが病気じゃないと言ってもお母さんはきいてくれません。するとベッドに追いやられたケンのもとに大きな熊のお医者さんがやってきて色々なアドバイスをしてくれました……。子どもを励ます熊先生の存在が素敵な、子どもの気持ちに寄り添った一冊です。

植物あそび(5歳から)
 ながたはるみ作 福音館書店

種のまき方、球根の植え方、寄せ植えづくりにもやしの栽培、花の料理、果実酒のつくり方、草木染めにリースづくり……植物を使った遊び方まで、あらゆる事がわかるあそびの図鑑です。全部をやろうとするのではなく、一つでいいのでぜひ親子でやってみてください。素敵なあそびがいっぱいありますよ。

♪絵本を真ん中に、親子の絆を育みましょう♪
えほん館 はなだむつこ)