今月のお薦め絵本 バックナンバー

園児募集





今月のおすすめ絵本9月

今月は絵本における私たち大人の役割を、今一度はっきり書かせていただきたいと思います。
幼い子どもは自分で絵本を選べません。選ぶのは大人です。絵本を選ぶためには、絵本の勉強をするのではなく「感じる心」を忘れないでいる方が大切だと思います。
人の優しさや温もりを感じたり、この世界の美しさを感じたり、そういった、特別なものではないことを感じる心さえ持ち続けていられれば、ごく自然な絵本選びができると思います。
子どもと絵本を出会わすこと、それが私たち大人の役割です。


おめんです(あかちゃんから)
 いしかわこうじ作 偕成社

うしが、ぶたが、さるが、かえるが、それぞれにおめんをかぶっています。おめんがとれる仕掛絵本になっているので、あかちゃんから皆で楽しめます。それぞれのしっかりした「まんまるおめめ」がイキイキとしているのが良いですね。

21x21cm
いちにちおばけ(3歳から)
 ふくべあきひろ文 かわしまななえ絵 PHP研究所

怖いけど子ども達が好きなおばけ。自分がおばけになったらおばけが怖くなくなるかも!?という事で1日おばけになってみるお話です。でも、おばけよりも怖いものが……さて一体何でしょう?

22.6x22.4cm
ロバのロバちゃん(4歳から)
 ロジャー・デュボアザン作 くりやがわけいこ訳 偕成社

自分の耳が気に入らないロバのロバちゃんは、皆に教えてもらいながら何とかしようと頑張りますが……ありのままでいるのが一番だと教えてくれる素敵な絵本です。当たり前の事がわからなくなっていたり、当たり前の事をしている人を馬鹿にしたり、なんて事が有りがちな今の時代に大切な事ですね。

25x20.8cm
フウちゃんクウちゃんロウちゃんの
ふくろうがっこう〜さかなをとろうのまき
(5歳から)
 いとうひろし作 徳間書店

ふくろうの子ども、フウちゃんクウちゃんロウちゃんは、ふくろう学校に通っています。今夜、先生が教えてくれるのは、川のさかなを捕まえる 方法ですが……とんでもない発想が楽しめる……だけではない、絵本です。

26×21.2cm
♪絵本を真ん中に、親子の絆を育みましょう♪
えほん館 はなだむつこ)