今月のお薦め絵本 バックナンバー

園児募集





今月のおすすめ絵本2月

先日、今期最後の大学の「絵本論」の授業を終えてきました。
授業の始めに私はいつも「はじまりの一冊」と称して絵本を読みます。この日は福音館書店の「かえるをのんだととさん」を読みました。生徒数が多いのでスクリーンに映して読むのですが、読み終わって顔をあげて話始めたとき、私の目に飛び込んできたのは……広い講義室の私の真正面の一番後ろの席に座っている……うさぎでした!!!
うさぎと言っても、着ぐるみのピンクのうさぎです。「うわっ!うさぎっ!」と、思わず叫んでしまいました。なぜ、着ぐるみのうさぎが私の授業を受けていたのかは結局なぞのままですが、私はとてもとても嬉しかったのです。日常の中にこんなファンタジーが起こるなんて♪「うさぎさんが、私の授業を受けにきた!」「絵本論を受けたうさぎさん」なんて考えただけで素敵でしょ♪アホみたいですが、本当に幸せな出来事だったのです。。。


こちょばこ こちょばこ(あかちゃんから)
 中川ひろたか文 村上康成絵 ひかりのくに

あかちゃんと遊びながら読める絵本です。頭から始まって、お鼻、ほっぺ、お膝へと順番に「わかいい いいこ」「こちょばこ こちょばこ」「いいこ いいこ いいこ」と触ってあげながら読んででください。「いいこ」という言葉から読み手の愛情が伝わるようです。読んでみて良さがわかる絵本です。

22.2 x 21.2 x 1.2 cm
ごろりん ごろん ころろろろ(3歳から)
 香山美子文 柿本幸造絵 ひさかたチャイルド

「どうぞのいす」のうさぎくんが大きなテーブルをつくりました。上り坂を苦労しながら丸いテーブルをごろんごろんと引っ張って、いたら、あれあれ?少しづつ引くのが楽になっていきます。どうしてかな???みんなのやさしさがいっぱいつまった、すてきなお話です。

24 x 21 x 1.2 cm
こいしがどしーん(4歳から)
 内田麟太郎文 長新太絵 童心社

地球の危機です!でかでかぼしが地球にぶつかるというのです。大変です。地球上はパニックになりました。でも、その時、山の上に住む一人の仙人が…子どもから読める楽しい絵本ですが、結構深い内容で、大人の方にもオススメです。小さな行いは知らないところで大きな変化をもたらしているのです。

30 x 21.6 x 1 cm
はしれ ディーゼルきかんしゃデーデ(5歳から)
 すとうあさえ文 鈴木まもる絵 童心社

2011年3月26日、たくさんの人の思いをのせて、全国から東北へ、希望をはこんだディーゼル機関車たちの実話を基にした物語です。電気が無くても走れるディーゼル機関車だからこそ、みんなを助けることが出来たのです。便利なものばかりに頼っている現代人としては考えさせられます。

26.8 x 19 x 1 cm
♪絵本を真ん中に、親子の絆を育みましょう♪
えほん館 はなだむつこ)