今月のお薦め絵本 バックナンバー

園児募集





今月のおすすめ絵本3月

先月、大学の授業に「ピンクのうさぎさん」が登場した話を書かせていただきましたが、子ども達の日常は、ファンタジーでいっぱいです。これがなかなか大人には理解できません。「昨日おばけを見た。」「この前保育園で見たかえるは、服を着ていた。」などなど。また、雨の日に「お空が泣いてる〜」なんて詩人のようなことを言ったり…。この子どもの世界にあるファンタジーを大事にしてください。想像力がしっかり育っているからだということは書くまでもありませんが、それほど広い世界で子ども達は生きているのです。この広い世界こそが、子ども達の心を豊かにしてくれるのですから。


今日(おかあさん向け)
 伊藤比呂美・訳 下田昌克・画 福音館書店

ネットに出回っていた英語の詩が絵本になりました。作者は不明です。「今日、わたしはお皿を洗わなかった ベッドはぐちゃぐちゃ 浸けといたおむつは だんだんくさくなってきた」こんな文章で始まる詩です。子育てに疲れた時、ぜひ開いてみてください。おかあさんを励ましてくれるでしょう。

19 x 11 x 1.4 cm
ブルくんとかなちゃん(2歳から)
 ふくざわゆみこ・作 福音館書店

犬のブルくんは、かなちゃんとお友達になりたくて、顔をなめたり一緒に歌をうたったりしますが、かなちゃんは大泣き。嫌われていると思ってしょんぼりしていると…二人が仲良くなっていく様子が微笑ましく描かれた絵本です。ブルくんの犬小屋に一緒に入っている裏表紙の絵が素敵です。

21.2 x 20.4 x 1 cm
パピプペポーおんがくかい(4歳から)
 かこさとし・作 偕成社

タイトルそのままの豪華な音楽会の絵本です。読むと言うよりは歌ってください。歌が下手な私には読みにくい絵本ですが、人が読んでくださったのを聴いた時とても楽しかったので、歌が好きな方にはとってもオススメです。作者の未来への願いがあふれている「にんじんばたけのパピプペポ」の続編です。

25.2 x 20.4 x 1.2 cm
どんぐりむらのおまわりさん(5歳から)
 なかやみわ・作 学研

どんぐりむらの平和を守るため、おまわりさんは今日も元気にパトロール。杖を失くして困っているおじいさんのために頑張ろうとしたおまわりさんの所に、子どもがあわててやってきて…素敵な大人に憧れる子どもの気持ちが上手く描かれています。細かく描き込まれた絵も楽しい、シリーズの最新刊です。

28.8 x 20.2 x 1.4 cm
♪絵本を真ん中に、親子の絆を育みましょう♪
えほん館 はなだむつこ)