今月のお薦め絵本 バックナンバー

園児募集





今月のおすすめ絵本5月

近頃、周りの友人知人も結構「イイ歳」になってきました。(自分のことは棚に上げ)
先輩の中に72歳のおじいちゃんがいますが、まだまだ若々しくバイクをぶっ飛ばしておられます。でも、頭の方は髪の毛が残り少なくて…。そんなおじいちゃんに孫が発した一言が、「おじいちゃんは、髪の毛、いらんの?」その質問に対しておじいちゃんは「うん。もういらんねん!」すると孫は「ふ〜ん…」と、とっても不思議な顔をしていたらしいです。子どものつぶやきや言葉は本当にユーモアにあふれていますね!
この感覚だからこそ、大人には出来ない絵本の楽しみ方が出来るのです!


どんなおべんとう?(あかちゃんから)
 宮澤真理・作 フレーベル館

今流行りのすごいキャラ弁がいっぱい登場します。でも決して保護者の方々にプレッシャーを与えているのではありません!子どもと一緒に楽しんで、食べる意欲を育んでください。食べることは生きることです。本来子どもたちは食べることが大好きなはずですから。

18×16cm
どっしーん!(2、3歳から)
 岩田明子・作 大日本図書

こっちからうさぎくんが、あっちからしかくんが、大急ぎで走って来て、どっしーん!!とぶつかりました。いたたたた…あれ!?
うさぎとしかがぶつかって、「うさしか」になっちゃった。そこへわにくんがぶつかって…「うさしかわに」だ!
どんどんいろいろぶつかって、大変な事になっちゃったよ。

25×21cm
おさかないちば(3、4歳から)
 加藤休ミ・作 偕成社

最近は切り身で売られている魚が多いせいか、口にしている魚の身から全体の姿が見えてきません。この絵本では船から上がった魚がセリにかけられて売られている市場の中が描かれています。マグロにスズキ、イトヨリダイにキンメダイ、カワハギ。沢山の魚の姿を知ることが出来ますよ。

25.4 x 24.4 x 1 cm
あみだだだ(5歳から)
 谷川俊太郎・文 元永定正・絵
 中辻悦子・構成 福音館書店

子供の頃「あみだ」にハマった時期がありました。適当に線を引き、どこへ行くのか追っかける。ただそれだけのことが妙に面白かったのです。そんな子どもの興味を満足させてくれる絵本がこれです。不思議な言葉と一緒にあみだの世界で遊びまくってください。

 30 x 22 cm
♪絵本を真ん中に、親子の絆を育みましょう♪
えほん館 はなだむつこ)