今月のお薦め絵本 バックナンバー

園児募集





今月のおすすめ絵本12月

早いもので今年も12月となりました。今年1年を振り返ったり、来年の事を思たり……するのは歳を重ねた証です。幼い子ども達には、どうもその様な感覚はまだ無いようです。それが良いのか悪いのかは置いといて、子ども達は「今」に生きています。これは本当に素敵なことです。その事を知って子ども達と接しましょう! 子どもの失敗をいつまでも叱って、子どもが消化した出来事をまた思い出させるような言葉は慎みたいものですね。「今どんな体験をしているか」その積み重ねが、本当はとても大切なことなのですから…。


あらいぐまのおふろやさん(1歳から)
 花之内雅吉・作 すずき出版

あらいぐまのおふろやさんに次々と動物たちがやってきました。でも小さなおふろなので、みんな一緒に入ることは出来ません。動物たちはみんな次の入浴者におふろを譲り合ってあたたまります。読み手のこちらまで、いろんな意味でぽかぽかとあたたかくなるような絵本です。

22.4 x 21.4 x 1.2 cm
クッキー・サーカス(2歳から)
 たむらしげる・作 復刊ドットコム

お母さんがクッキーを作っています。その形は、うま、ぞう、トラ、ライオン、ピエロ等々。そうです。サーカスに欠かせない者たちばかりです。団長さんもいます。それらの者たちがオーブンの中からぞろぞろと出て来て、クッキー・サーカスの始まりです!美味しそうな楽しい世界が広がるファンタジー絵本です。

24.4 x 23.2 x 1.2 cm
ほげちゃんまいごになる(4歳から)
 やぎたみこ・作 偕成社

一般的な可愛さからかけ離れた(笑)ぬいぐるみのほげちゃん。かばに間違われますが、実はくまなのです!そのほげちゃんが、動物園で迷子になってしまいました。家族は誰も気付きません。おまけに、カラスに掴まれて空へ上がってしまったからもう大変!ふてぶてしいほげちゃんは家族のもとに戻れるのでしょうか…。

23.6 x 18 x 1 cm
サンタクロースとあったよる(5歳から)
 クレメント・クラーク・ムーア 詩
 ホリー・ホビー 絵
 二宮由紀子・訳 BL出版

世界中で愛されている名詩が新たな物語になりました。クリスマス・イブの夜。誰もが寝てしまった静けさの中に、サンタクロースがやってきました。この秘密を見てしまったお父さんの顔が最高です!神秘的な瞬間に立ち会ったかのような大人の様子と、当たり前のようにしている子どもの対比がおもしろいです。

28 x 23 x 1 cm
♪絵本を真ん中に、親子の絆を育みましょう♪
えほん館 はなだむつこ)