今月のお薦め絵本 バックナンバー

園児募集





今月のおすすめ絵本1月

新しい年になりました! 楽しいお正月を過ごされたでしょうか?
私は子どもの頃、お正月が嫌いでした。なぜなら、面白くも楽しくもなかったからです。
一番の理由は家族と過ごさなければならないこと。特に仲が悪かった訳ではありませんが、大人といるよりも子ども同士で遊んでいる方がずっと楽しかったからです。家の手伝いをさせられる事も嫌でした。今では、子どもに甘すぎない良い両親だったなぁと思っていますが。それに加えて、私が健康的な子どもだったということでしょう!遊ぶのは子どもの特権ですから、ね。


ひつじぱん(1、2歳から)
 あきやまただし・作 すずき出版

皆さんはパンを焼いたことがありますか?この絵本に出てくる「ひつじのぱんやさん」は、リズミカルにとっても美味しいパンを焼いてくれますよ。2015年はひつじ年。どんなパンが焼きあがったか、ひつじのぱんやさんを覗いてみませんか。。。因みに私は「ながーいフランスパン」か最後に出てくる「ひつじパン」が食べたいで〜す♪

22.4 x 20.8 x 1.2 cm
スケートにいこうよ(2歳から)
 リン・ベリー・文 なかたひろえ・絵
 まえざわあきえ・訳 ほるぷ出版

仲良く暮らす5羽のアヒルの子ども達。スケート遊びに雪合戦と大はしゃぎ。冬を感じるのにピッタリの絵本です。アヒル達の表情にぜひ注目してみてください。とっても可愛くてチャーミングに描かれています。また、アヒルの子ども達は私たちの周りにいる子ども達と同じです。

202×254
まほうのなべ(3、4歳から)
 ポール・ガルトン・再話・絵
 晴海耕平・訳 童話館出版

村はずれに住む貧しい女の子が、食べるものをさがしに森へ出かけました。そこで出会った、マントをはおり杖を持った何やら怪しげなおばあさんから「ちいさなおなべ」をもらい呪文を教わります。家に帰ってもらったなべでオートミールを煮ていると…とんでもないことに!さあ、大変!ドキドキ感いっぱいの絵本です。

19.8 x 18.2 x 0.8 cm
クリムのしろいキャンバス(4、5歳から)
 イ ヒョンジュ・作 かみやにじ・訳
 福音館書店

クリムという女の子がクレヨンで絵を描くと、それがどんどん現実の世界となっていきます。想像力が鍛えられ、臨場感あふれる、とってもワクワクする韓国の絵本です。子ども達はこんな「魔法のようなこと」が大好きです。幼い頃にしか体験できない「魔法の時間」を、どうぞ大切にしてあげてくださいね!

30.9 x 24.6 x 1.2 cm
♪絵本を真ん中に、親子の絆を育みましょう♪
えほん館 はなだむつこ)