今月のお薦め絵本 バックナンバー

園児募集





今月のおすすめ絵本2月

世間でありがちなことの一つです。「三歳児に良い」と言われている絵本を買って帰ったところ、三歳の我が子が喜ばない。すると親は「うちの子は、どこかおかしいのではないか?」とか、「私の育て方に何か問題があったのかも…」などど、あらぬ方向に考えが及んでしまいます。
実際「三歳児に良い絵本」なんてあるのでしょうか?「三歳児にも良い絵本」というのが、正確な表現ではないかと、私なんかは思ってしまうわけです。年齢にとらわれすぎた絵本選びをすると目の前の子どもからどんどんズレてしまうことがあります。そして、それに気付かないなんてことも…。気を付けたいものですね。


うしろにいるのだあれ
 のはらのなかまたち
(あかちゃんから)
 accototo・作 幻冬舎

ぼくの後ろにいるのは?
前にいるのは?
上にいるのは?
下にいるのはだあれ?
たくさんの動物たちが色鮮やかに登場します。
大きな絵と、ライン(線)の美しさが特徴的な優しさを感じる絵本です。じっくりと絵を見せてあげながら楽しんでくださいね。

25.4 x 18.6 x 1.2 cm
ペンギンきょうだい バスのたび(2歳から)
 工藤ノリコ・作 ブロンズ新社

三人のペンギンきょうだいが、三人だけでバスの旅に出掛けました。おじいちゃん、おばあちゃんの所からお家へ帰るのです。降りる所じゃないのにベルを押してしまうペンギン達ですが、その度に楽しいことが起こります。三人は無事お家に帰りつくことができるのでしょうか…?

 21 x 18.4 x 1 cm
はなみずじゅるじゅる せきごほごほ(4歳から)
 細谷亮太・文 つちだよしはる・絵 童心社

風邪をひくって、どんなことなのでしょうか? どうして鼻水が出るのか、どうして熱が出たり咳が出るのでしょうか???
風邪の時、体の中がどうなっているのかを、わかりやすく描いた絵本です。理由がわかると、手洗いもうがいも、ちゃんと出来るかもしれませんね!

21.8 x 20.4 x 1.2 cm
かいぞくがぼがぼまる(5歳から)
 かこさとし・作 復刊ドットコム

南の広い海を、わがもの顔に暴れまわる悪者の海賊がぼがぼまる。でも、そんなことがいつまでも許されるはずがありません。海賊達の前に立ちはだかったのは、なんと一人の子どもと海の仲間たちでした!!
「こんな時代さから読んでほしい」という、戦争を体験したかこさんの想いが詰まった一冊です。

22 x 19.4 x 1.2 cm
♪絵本を真ん中に、親子の絆を育みましょう♪
えほん館 はなだむつこ)