今月のお薦め絵本 バックナンバー

園児募集





今月のおすすめ絵本3月

皆さんが絵本を選ぶ基準はなんですか?
絵がすてきだから? 起承転結がしっかりしているから?
でも子ども達って、不思議な絵本が好きだったり大人が理解できない絵本が好きなこともありませんか?
絵本選びの基準は様々だと思いますが、私が一番おすすめしている絵本の選び方は「目の前の子どもに合わせた絵本選び」です。他の子と比べない。これが一番です。「○○ちゃんは、こんな長いお話も聴けるのに……」等と比べられたら子どもは可愛そうです。
それぞれに好みがあり、「聴く」ことが出来るようになるには段階もあります。まずは子どもに向かって絵本を開き続けてくださいね。


おひざでだっこ(あかちゃんから)
 内田麟太郎・文 長谷川義史・絵 童心社

子ども達はだっこしてもらうのが大好きです。お父さんやお母さんのぬくもりを感じながら安心するのでしょう。おひざでだっこしながら、この絵本のページをめくってみてください。可愛い動物たちの安心した表情に癒されます。読み手の落ち着きは聴き手にも勝手に伝わりますからね。

0.8 x 18.8 x 21.1 cm
まま みてて(2歳から)
 まどかななみ・文 みやにしたつや・絵 ポプラ社

「ママ見てて」いつも子ども達の心のなかは、そんな思いでいっぱいなのではないでしょうか。見ててもらえる安心感。出来ることが増えていく達成感がとてもあたたかく描かれた絵本です。少しづつ出来ることが増えていく子どもの日々の、小さな成長にママの拍手が聞こえてきそうです。

19.7 x 17.7 x 0.9 cm
にじ(4歳から)
 新沢としひこ・詩 あべ弘士・絵
 アスクミュージック

空にかかる虹を見つけたとき、皆さんの心はどんなふうに感じるでしょうか? なんだか嬉しい気持ち?希望が湧いてくる?明日は晴れるかな?とってもきれい! 力強い絵と優しい詩から「明日も頑張ろう!!」そんな勇気をもらえる絵本です。今ではこの歌もいろいろなところで歌われていますね。

23 x 14.4 x 1.2 cm
あたし、うそついちゃった(5歳から)
 ローラ・ランキン・作 せなあいこ・訳 評論社

ルースは学校の休み時間に校庭で小さなカメラを拾いました。友達のマーティンが落としたカメラだったのに、誕生日にもらったものだと「うそ」をついてしまいます。さてさて、どうなるでしょう……周りの大人達の愛情ある導きによって、ルースは勇気を出し、ちょっぴり心の成長を遂げることが出来ました。こんな経験をしながら子どもは大人になっていくのですね。

24.8 x 22.2 x 0.8 cm
♪絵本を真ん中に、親子の絆を育みましょう♪
えほん館 はなだむつこ)