今月のお薦め絵本 バックナンバー

園児募集





今月のおすすめ絵本6月

私は出産の経験が無く我が子がいません。昔結婚していた時に病気になり、子どもが生めない身体となってしまいました。その後離婚して今は花の独身ですが、この歳にもなると「花の」という表現はどうかとも思います。まあ、本人が「花」だと思っているのですから大目に見てください。
子どもがいないから、という訳ではないのですが、昔から「おばちゃん」と呼ばれると返事をしませんでした。でも最近は私に気を使った大人の方が、子どもに私の事を「お姉さん」と言っているのを聞くと恥ずかしくてたまりません。なにか私から恐ろしいオーラが出ているのでしょうか…。そもそも、「お姉さん」と「おばさん」はどこが分かれ道なのでしょう???
その境目が曖昧なように、1冊の絵本の適齢期も曖昧なのではないかと、改めて思う今日この頃です。。。


あーといってよあー(2歳から)
 小野寺悦子・文 堀川理万子・絵 福音館書店

「あー」という一つの言葉が音が、とてつもなく広がっていく絵本です。「あーあーあー」と上を向いて言ってみて。両手を広げて言ってみて。口をたたきながら言ってみて。胸をたたきながら言ってみて。「あ」だけなのにこんなに楽しい!あかちゃんも言える「あ」は、言葉の始まりです。

22.8 x 20.8 x 0.8 cm
いきものとこや(3歳から)
 塚本やすし・作 アリス館

ぼさぼさ髪のお客さんで超満員の「いきものとこや」。大繁盛のその訳は…ハサミを持った生き物を指名すると、とてもステキで斬新なヘアスタイルにしてくれます。それは、カニさん!カニさん指名でカニヘアー。クワガタさん指名ならクワガタヘアー。さあ、貴方は誰を指名しますか?

25.8 x 18.6 x 1 cm
これだれの?(4歳から)
 みやこしあきこ・作 ブロンズ新社

スコップ、ながぐつ、はさみ、バラ、てぶくろ、じょうろ。これらは誰が使うものかわかりますか?ページをめくると答えが描かれています。そう、お花屋さんのものです。こんな繰り返しでいろんな仕事が紹介されています。絵を見ているだけでも自分なりのストーリーが作り出せそうです。最後には「おとなになったらなにになる?」。さあ、何て答えましょうか?

22.0×22.0cm 32P
はのはのはなし(5歳から)
 中西翠・作 山本孝・絵 アリス館

こうたがチョコレートを食べていると歯が痛くなりました。鏡で口の中を見てみると、なんと、小さな葉っぱが二枚生えているではありませんか!美味しい実でもなるのかなと、育ててみることにしました。太陽の光をあてて、風通しを良くして毎日水をやって…。さて、どうなったかな?

31×22cm 32ページ
♪絵本を真ん中に、親子の絆を育みましょう♪
えほん館 はなだむつこ)