今月のお薦め絵本 バックナンバー

園児募集





今月のおすすめ絵本2月

 人生で初めてインフルエンザになりました。A型です。急に高熱が出たわけではなかったので、いつもの扁桃腺の熱だと思っていましたが、仕事が忙しくて休めないのでなかなか下がりませんでした。
 やっと時間が空いたので病院に行ったところ、39度もの熱がありビックリしました。よくまあ仕事をしていたものだと自分で感心してしまいました。が、それは間違いです。ダメな事です。知らずにインフルエンザ菌をばら撒いていたわけですから、大きな間違いです。
 子どもの頃から働くことが良い事だと教え込まれてきた私は、「休めない人間」になってしまいました。休むことに罪悪感があるのです。これは本当にいけません。身体を壊します。インフルエンザになって改めて、この習性を今度こそ変えようと決心しました。


おばけだじょ(1・2歳から)
 tupera tupera・作 学研

まっ黒なおばけから、手が出て足が出て…あら?カエルでした。カエルが機嫌よくケロケロと鳴いていると、今度は後ろからおばけが!と、思ったらヘビでした。でもカエルは食べられてしまいそう…。ページをめくる度に予測の出来ない変化があり、おもしろいですよ。

26 x 18.2 x 1 cm
おなかのかわ(3歳から)
 瀬田貞二・再話 村山知義・絵 福音館書店

あるところに、ねことオウムがいました。二人は相談してかわるがわるご馳走し合う事にしましたが、ひどくケチなねこは、少ししかご馳走しませんでした。それなのに自分は沢山のご馳走を要求するのです。その欲求はとどまる事なく、ついにとんでもない事に!昔ながらの名作です。

27X20cm・28ページ
ねこのおいしゃさん(3歳から)
 ますだゆうこ・文 あべ弘士・絵 そうえん社

ねこのおいしゃさんはどんな病気も治してくれる頼もしい先生ですが、治し方がちょっと変なのです。鼻づまりのぞうさんは、「ニャー!」という気合で治し、首が伸びなくなったキリンさんは、これまた「ニャー!」という気合で治し、眠れないくまさんは…。ケロポンズの歌える絵本です。

22.8×19.6cm 32ページ
うーうーかんかん どんくまさん(4・5歳から)
 蔵冨千鶴子・文 柿本幸造・絵 至光社

消防自動車の活躍を目の当たりにしてしまったどんくまさんは、消防士になる決心をして訓練に励みます。何をやっても上手くできないどんくまさんでしたが、お許しが出て消防士になる事が出来ました。そんなある夜…。子ども達の夢を育んでくれるような、すてきなお話です。

24.6 x 24.4 x 0.6 cm
♪絵本を真ん中に、親子の絆を育みましょう♪
えほん館 はなだむつこ)