今月のお薦め絵本 バックナンバー

園児募集





今月のおすすめ絵本7月

私は今年56才になりましたが、先日20年振りに水に浮きました。約20年間泳いでいなかったのです。泳ぐどころか顔を水につけることすらしていませんでした。ある日突然「私って今でも浮けるやろか?」と真剣に試してみたくなり、お風呂で浮いてみたのです。とは言え小さな湯船なので、膝を抱えて丸くなり顔をつけて浮いてみました。浮きました!最初は顔を水につけてしまうのが怖くて、怖いと感じている自分に驚きました。私は潜るのが大好きだったのに。でも、訳の分からない感動に浸っていました(笑) 何でも試してみるものですね。


なでてなでて(あかちゃんから)
 西川季岐・文 日隈みさき・絵 エンブックス

いろいろな動物がかわいい目をして見つめながら「なでてなでて」と甘えてきます。ねこちゃんはふわふわ。わにさんはゴツゴツ。たこさんはにゅるにゅる。お終いにはかわいいあかちゃんのプックリほっぺをなでる場面が。まねっこしながら親子のスキンシップを楽しんでください。

B5判変形(186×186mm)
ねむいねむいねずみ(3才から)
 ささきまき・作 PHP研究所

旅をしていたねずみは、夜になってくたびれたので一軒の古い家でひと休みすることにしました。誰も住んでいない荒れた家のベッドで眠りかけていると…ドタン!ゴトン! ベッドやタンスが踊り出しました!もしかするとここはお化け屋敷? ねずみのキュートな表情やしぐさもお見逃しなく。

25.2 x 19.6 x 1.2 cm
おしりどろぼう(4才から)
 陣崎草子・作 くもん出版

りっぱなおしりのかばくん。おしりどろぼうに盗られたら大変よと言うママの注意をきかないで、パンツをはかずに飛び出して行きました。いろんな動物にりっぱなおしりを狙われ、危ない目に合いながらもかばくんが向かった先は…。おしりについて、あれこれ思いを巡らしていると、地球に生まれた事がとても嬉しくなるという作者の想いがつまった絵本です。

27 x 21.2 x 1.2 cm
てつぞうはね(5才から)
 ミロコマチコ・作ブロンズ新社

「てつぞうはね ねこです しろくてふかふかで すわるとでっかい おにぎりみたいなねこです」 てつぞうの日常がダイナミックな絵と共に描かれています。クスっと笑える日々の一コマ一コマから、猫に対する愛情が伝わってきます。8回目の冬に動かなくなってしまったてつぞう。命に代わりはありませんよね。

271×216mm・32P・上製
♪絵本を真ん中に、親子の絆を育みましょう♪
えほん館 はなだむつこ)