今月のお薦め絵本 バックナンバー

園児募集





今月のおすすめ絵本9月

大人におすすめの絵本があります。15年も前に出た「悲しい本」という絵本です。全ての大人におすすめではありません。大切な人を失った悲しみを抱えて生きている人におすすめなのですが、長く生きれば生きるほど、誰もが抱える悲しみだと思います。この絵本は悲しみを癒そうとするのではなく、それを抱えたままでいいよと言ってくれているように思います。絵本は「子どもの本」ではないと最近しみじみ感じるようになりました。 29.6 x 22 x 1 cm
ぺったんこぷっくらこ(あかちゃんから)
 矢野アケミ・作 アリス館

こんがりホットケーキ、ぺったんこ。ほわほわシュークリーム、ぷっくらこ。いろいろな平らなものや膨らんでいるものを見ながら楽しめる絵本です。どんなぺったんこやぷっくらこがあるのかな? 目が描かれていることで親近感がわいてきます。

24ページ 21×21cm
バムとケロのそらのたび(3才から)
 島田ゆか・作 文渓堂

絶大な人気絵本、バムケロシリーズ。何度読んでも飽きる事がなく新たな発見があり元気をもらえます。この「そらのたび」は、おじいちゃんから届いた組み立て式飛行機で、手紙を頼りにおじいちゃんのところへ向かうのですが…。ワクワクする要素がいっぱいです。字を読むよりも絵を読んでくださいね。

27.8 x 21.2 x 1 cm
はたけのごちそうなーんだ?くだもの(4才から)
 すずきもも・作 アリス館

たわわに実るいろいろな果物の特徴が、クイズと共にとても分かりやすく描かれています。例えば「いちご」は、ぶたさん親子の案内でいちごの秘密や種類、成長の様子を教えてもらえます。巻末には果物レシピや効能が書かれていて大人も勉強になる、盛りだくさんな一冊です。

32ページ/20cm×26cm
かんぺきなこども(保護者の方に)
 ミカエル・エスコフィエ・文 マチュー・モデ・絵
 石津ちひろ・訳 ポプラ社

完璧な子どもってどんな子どもだと思いますか?どこにいると思いますか? 何と「こどもストア」にいるのです。誰でも連れて帰れるのです。この発想にも驚きましたが、ラストの一言がこれまたスゴイ。ドキッとするのか笑うのか、それとも胸に刺さるのか。完璧とは何かを考えさせられました。

判型:A4変型判/サイズ:260mm x 194mm/ページ数:24ページ
♪絵本を真ん中に、親子の絆を育みましょう♪
えほん館 はなだむつこ)